富士急ハイランドの面白さ抜群のアトラクションまとめ

夕焼けと飛行機

富士急ハイランドの面白さ抜群のアトラクションまとめ

山梨県に存在する富士急ハイランドは東京ディズニーランドに匹敵するぐらいの人気を誇っています。この遊園地にあるアトラクションはどれも強烈な個性を持ち、多くの観光客を楽しませてくれます。今回はその富士急ハイランドのアトラクションの面白さを紹介します。

まず一つ目はド・ドドンパと呼ばれるアトラクションです。このアトラクションは「ええじゃないか」と並ぶ4大コースターの一つで、2017年の7月にオープンしました。このコースターは最大時速は180kmという驚異的な速さで、絶叫が必ず約束される迫力が楽しめます。「加速度世界一コースター」と謳っているおかげか、そのぶっ飛びっぷりがハンパないです。さらには200kmも設定可能です。もはや普通のジェットコースターとは次元が違いますね。また、「艦これ」との奇跡のコラボを果たしています。時速180kmという普通ではない考えられないド・ドドンパの魅力はまことに素晴らしいです。

二つ目のアトラクションには、皆さんご存知の「絶凶・戦慄迷宮」です。このアトラクションは日本国内のお化け屋敷の中でも、強烈すぎる怖さを誇っており、脱落者も多数出るほどです。40年前に廃業にになった病院を舞台にしていますが、その怖さは恐怖感漂う匂い、音など五感を感じさせるように仕組まれています。もし、入ったらかなりのトラウマになります。それでも入りたい人は、心の準備をしましょう。

三つ目は富士飛行社です。ここでは富士山の景色のスクリーンを見れるだけではなく、森林や花の匂いが出る、風が吹くなど、よりリアルに体感できる仕掛けが楽しめます。2016年には4Kから6Kに進化したので、富士山の魅力を堪能したい人は富士飛行社に行きましょう。

ここまで富士急ハイランドのアトラクションの面白さをまとめてきました。富士山ハイランドほど強烈ずぎる個性を持つアトラクションが揃っている遊園地はそうそうありません。

富士急「ド・ドドンパ」乗客“一時宙づり”