【旅費の貯め方】旅費節約の第一歩!格安航空券のお得情報とは

夕焼けと飛行機

格安航空券を購入するためには情報量とスピードが大切

普段飛行機に乗らない人でも、ANAやJALといった大手航空会社の存在は知っています。
そのため飛行機に乗る機会があれば、ANAかJALの普通運賃の航空券を購入してしまっているかもしれません。
ですがそれは最も高い航空券を購入する方法だと言えます。

旅費では航空券の価格を抑えたい理由

旅費に占める航空券の割合は、5割程度と言われています。
つまり航空券を安く抑える事が出来れば、旅費のコストを大幅に削減する事が出来ると言えます。
そもそも高い航空券を購入するのは勿体ないと思いませんか?

ホテルであれば、宿泊料金が高くてもそれに見合った料理や温泉、その他サービスを堪能する事が出来ます。
ですが飛行機の場合は単なる移動手段に過ぎません。
それも国外で十数時間飛行機に乗るというのであれば、快適さを求めますが国内だとせいぜい2~3時間です。

快適さよりもむしろ格安航空券で旅費に占める航空券の割合を抑えて、その分を観光やホテル、食事に使った方が有意義だと言えるでしょう。

知らなければ損をする理由

パソコンで検索する
航空券は購入方法によって、価格が大きくバラつきがあります。
大手航空会社で購入するのか、LCCで購入するのかだけでなく、そこに旅行会社やオンラインサイトで販売・委託を行っている企業の数も多数存在しています。また購入するタイミングや行われているキャンペーンや不定期セールなど、とにかく情報を知らずに航空券を購入すると損をしてしまいます。

そして情報収集を行う事も、決して難しい事ではなく、まとめサイトやオールインワンアプリを活用する事で、少ない労力で大量の情報の中から、自分に有益な情報だけをピックアップする事が可能なのです。

また必要なのは情報量だけではありません。
情報のスピードもかなり重要だと言えます。
セールであれば格安航空券の販売数には限りがあります。
そして空席が埋まってしまえば、安く購入する事が出来ません。
リアルタイムに空席状況を確認しながら、現時点で最もお得に購入できる航空券を探す必要があるうという訳です。

正直な話、LCCもサービスも徐々に向上していますし、大手航空会社もLCCもそれほど大差はなくなりつつあります。
しかし航空券の価格の差は歴然として存在しているので、よく分からないから大手航空会社の普通運賃で航空券を購入する方法を選ぶのではなく、キチンと事前に調べて、最も安く航空券を購入出来る方法を調べる事をオススメします。